2022年9月からYouTube始めました!詳細はここをクリック

バーゴ ファイヤーボックスグリルは携帯性バツグン!焚き火もBBQもOKな最強グリルだった

こんにちはー!

今回はバーゴ(VARGO)ファイヤーボックスグリルをレビューします!

ファイヤーボックスグリルはずっとウォッチリストに入れてチェックしていたんですが、ついにGETしちゃいました。

手に入れて見てみると、このファイヤーボックスグリルはソロ最強なんじゃないのかと思うぐらい良いグリルでしたよ!

焚き火、BBQ、アルコールストーブのゴトクといったような使い方が出来るので、幅広く活躍してくれそうです。

それでは見ていきましょう!

この記事はこんな方におススメ
  • ファイヤーボックスグリルを買おうか悩んでいる
  • ソロで使える焚き火、BBQが出来るグリルを探している
  • 焚き火だけでなくアルコールストーブのゴトクとしても使いたい

今回紹介する商品はこちら

created by Rinker
¥14,850 (2022/10/02 08:02:49時点 楽天市場調べ-詳細)
目次

バーゴ ファイヤーボックスグリルとは

バーゴ ファイヤーボックスグリルは、バーゴが販売しているオールチタンのグリルです。

バーゴと言えば、チタン製品が有名ですよね。男心をくすぐる武骨な製品が多いイメージです。

ファイヤーボックスグリルも、例にも漏れず男心をくすぐる製品に仕上がっています。

オールチタンなので、非常に軽量、非常に丈夫で、登山からソロキャンプまで幅広く活躍すること間違いなしですよ!

ファイヤーボックスグリルはすべてのパーツがつながっている

ファイヤーボックスグリルは、すべてのパーツがつながってます。なので、パーツを無くすことなく、確実に組み立てられます。

いざ組み立てようとしたときに部品が無い!ってなったときの絶望感って半端ないですからね。

こういうモノづくりのポリシーというか考え方が、ブランドの信頼度を高めるんだと思います。

展開したところ、すべての部品がつながっています。

嬉しいケース付き

ファイヤーボックスグリルには標準でケースが付いてます

このケースの質感もいいんですよ、外側は丈夫なナイロン、裏側はビニールコーティングされているような質感で、汚れが付きにくくなっています

また、チャックではなくマジックテープになっており、しっかり閉じられるようになってます。

チャックは寒冷地では凍ってしまう場合があるので、敢えてマジックテープにしているのでしょうか。

しっかり閉まって開けやすいので私は好きですね。

外側は丈夫なナイロンにVARGOの詩集が入っています。バーゴの収納ケースは黒なので、汚れが目立たなくていいですね。
収納ケースの裏側はビニールコーティングされているので、汚れが付きにくくなっています。また、口はマジックテープで閉じるかたちです。

バーゴ ファイヤーボックスグリルのスペック・サイズ

バーゴ ファイヤーボックスグリルのスペック・サイズです。
素人計測のため誤差があります。ご了承ください。

項目
重量164g
容量1700ml
本体幅14.0×13.7cm
ゴトクサイズ20.5cm
本体幅(底面)8.7×8.7cm

バーゴ ファイヤーボックスグリルの組み立て

それでは、バーゴ ファイヤーボックスグリルの組み立て方法を見ていきましょう。

まずはケースから出した状態がこの状態です。

この下部分のパネルをサイドパネルの穴に入れていきます。

最後に固定用の突起を穴に入れると完成です。

これで完成です。

ごんちゃ

迷うことなくすぐに組み立てられますね!これは良きです。

バーゴ ファイヤーボックスグリルの良いところ

バーゴ ファイヤーボックスグリルを実際に使ってみて、良いなぁと感じたところは以下です。

  • 軽い、薄い、丈夫
  • 部品を無くさない
  • アルコールストーブの風防兼ゴトクになる
  • 一人BBQグリルとして使える

軽い、薄い、丈夫

まず特筆すべきはその軽さです。オールチタンで出来ているので、非常に軽いです。

重量164gですから、350mlのビール1本より軽いんですよ。

この軽さなので、登山やハイキングで焚き火をしたい場合にぴったりですね。

また、収納時は非常に薄く、コンパクトになるので、持ち運びが苦ではありません。

バックパックの隙間に差し込めるので、荷物がパンパンでも問題なしです。

チタン製なので丈夫で長く使えるのも、ポイント高し!です。

この薄さ分かりますかね?この薄さなので隙間にさっと入れられます。

部品を無くさない

上でも書きましたが、ファイヤーボックスグリルは部品が全てつながっているので、部品を無くす心配がありません

使用後に収納し忘れる心配もなく、安心して使えますね。

また、部品が全てつながっているので組み立ても早く、迷うことがありません。

寒いときはすぐ焚き火を始めたいですし、朝寝坊した時などは素早く片づけたいので、設置、撤収がすぐ出来るのは、良いですよね。

繋がっているので部品を無くすことがないです。無くすときは本体ごと無くすときです。。。
ごんちゃ

部品無くさない&設置と撤収が早いのは、ものぐさ系キャンパーとしてはかなり大きなメリットです!

アルコールストーブの風防兼ゴトクになる

アルコールストーブの風防としては、同じくバーゴのヘキサゴンウッドストーブが有名ですが、ファイヤーボックスグリルもアルコールストーブの風防になります

しかもファイヤーボックスグリルはゴトク付きで、別途ゴトクを用意する必要がないです。

ヘキサゴンウッドストーブではゴトクが無いので、小さいクッカーだとどうしても不安定になって乗せられません。

ファイヤーボックスグリルの安定したゴトクは、かなりのアドバンテージです。

トランギアのアルコールストーブがピッタンコです。高さもばっちりですね。
ちょっと見にくいですが、コッパーシェラカップ300が安定して乗っています。
ヘキサゴンウッドストーブにコッパーシェラカップ300を乗せたところ。少し穴にはまってしまうので安定感が無いです。
ごんちゃ

なお、ヘキサゴンウッドストーブ用のゴトクが販売されているので、それを使えば小さいものでも安定して乗せられますよ。

created by Rinker
¥6,119 (2022/10/02 15:03:56時点 楽天市場調べ-詳細)
ファイヤーボックスグリルとヘキサゴンウッドストーブ、どっちも良いストーブです。バーゴはイイですよね!

一人用BBQグリルとして使える

ファイヤーボックスグリルにはゴトクが付いているので、ゴトクの上に肉や魚を置いてBBQ出来ます。

サイズ的に少量の炭しか入らないので一人BBQになりますが、一人で好きな肉や魚を楽しむ、とかワクワクしちゃいますね!

出典:バーゴ

エコエコロゴスのミニラウンドがピッタリ!

でも一人でBBQするために火おこしするのって、結構面倒ですよね。そんな時はエコエコロゴスが便利です。

エコエコロゴスはマッチ一本ですぐ着火できる優れものなんですが、エコエコロゴスのミニラウンドがファイヤーボックスグリルにぴったりなんです

マッチで着火、30~45分燃焼ってすごいですよね。

エコエコロゴスはこんな感じでピッタリ収まります。

サイズ感ピッタンコ!ですね。
後述する灰受けトレーを使えば、2個乗るよ!

エコエコロゴスは1個で30~45分燃焼するので、1人なら1個で十分にBBQを楽しめそうですね。

ごんちゃ

ファイヤーボックスグリル+エコエコロゴスの組み合わせは本当におススメですよ!

スタッキング・ピッタンコについて以下記事にまとめてます。良かったら見てくださいね!

あわせて読みたい
【保存版】キャンプギアの気持ちいいスタッキング・ピッタンコまとめ こんにちは~! キャンプギアが上手くスタッキング出来たり、ギア同士ピッタリハマった時ってすごく嬉しいですよね! 他商品のレビューの中で気づいたものを、この記事...

バーゴ ファイヤーボックスグリルの悪いところ

バーゴ ファイヤーボックスグリルのいまいちだなぁと感じたところは以下です。

  • ゴトクが取り外せない
  • ゴトクの間隔が少し広い

ゴトクが取り外せない

良いところで、部品がつながっているので無くさなくて良いと書きましたが、ゴトクも例外なく繋がっています。

ゴトクは便利な時がある反面、単純に焚き火だけをしたい場合邪魔になるんですよね。

焚き火をしたい場合は、ゴトクを跳ね上げて使うことになるんですが、跳ね上げると後ろ部分に重心がかかってしまうので、ひっくり返るんじゃないか?と不安になります。

普通に使えば問題ないはずですが、燃料となる枝の置き方に少し気を配るケースもあるかもしれません。

ゴトクを跳ね上げると後ろ側へ倒れそうになります。枝とか燃料を入れると大丈夫ではありますが、若干不安ですね。
ごんちゃ

ゴトクを使わないときは、後ろに倒れないように注意しながら焚き火する必要がありますね。

ゴトクの間隔が少し広い

ファイヤーボックスグリルのゴトクは、ちょっと間隔が広めなんじゃないかと感じます。

BBQするときに肉によっては落ちるんじゃねぇか!というぐらいの間隔です。

もう1、2本棒を渡しておいてくれれば完璧だったんですが、きっと軽さとのトレードオフだったんでしょう。

この問題は、市販の焼き網を乗せることで解決できるので、それほどデメリットでは無いと思いますが。

網の間隔がちょっと広くないですか??もう少し狭ければ嬉しかったです。

バーゴ ファイヤーボックスグリルの灰受け

ファイヤーボックスグリルは地面との間隔が近いので、焚き火シートやトレーを使うなど対策は必須です。

私は焚き火シートより、頑丈なトレーの方が好きなので、トレーでちょうどいいモノを探しました。

いつも行くセリアで見つけましたよ、良いトレーを。これです!

ステンレスの角型トレーで、サイズは10.5×19.5×1.5cmです。これをファイヤーボックスグリルと合わせて使うとこんな感じです。

そこの幅はぴったりでハマっている感じになります。縦は十分余裕があるので、灰が貯まったら前後にスライドさせて使うことも出来そうです。

なによりもこのトレーは、収納ケースに一緒に入れることが出来ます

ちょっと膨らんでしまうので、マジックテープがギリギリ閉まるか閉まらないかぐらいになりますが、私的には許容範囲内です。

トレーと一緒に収納したところ。ちょっと膨らんでいるのが分かりますでしょうか。
蓋のマジックテープが閉まるか閉まらないぐらいギリギリになりますが、サイドのマジックテープはしっかり閉まっているので、個人的には許容範囲内です。

ステンレストレーのため若干重くなってしまいますが、オートキャンプなら問題ないと思います。登山など重量が大事なケースでは、持っていかなければOKですね!

ごんちゃ

焚き火にトレーは必須です。是非参考にしてくださいね~。

バーゴ ファイヤーボックスグリルのまとめ

今回はバーゴ ファイヤーボックスグリルを紹介しました。

ファイヤーボックスグリルのまとめ
  • 軽い、薄い、丈夫
  • 部品を無くさない
  • アルコールストーブの風防兼ゴトクになる
  • 一人BBQグリルとして使える
  • ゴトクが取り外せない
  • ゴトクの間隔が少し広い

ファイヤーボックスグリルはソロにぴったりで、焚き火だけでなくBBQも出来る汎用性が高いグリルです。

軽くて薄いので、とりあえずバックパックに入れておいたら、役立つときは多いはず。

ごんちゃ

個人的にはエコエコロゴスと組み合わせてサクッと一人BBQ出来るのがホントに良きですね!

参考になれば嬉しいです。それでは!

↓応援のポチしていただけると嬉しいです!↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

焚き火が好きなキャンプ歴17年のソロキャンパーです。
平日は会社員の既婚キャンパー、焚き火は週末に楽しんでます。
焚き火に関する役立つ情報を発信していくのでよろしくお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次