2022年9月からYouTube始めました!詳細はここをクリック

フェザースティックの作り方を解説!フェザースティック作りを極めて焚き火を楽しもう

焚き火の着火で必要な「フェザースティック」。

フェザースティックを自在に作ることが出来れば、スマートに焚き火の火おこしを出来るようになりますよ

今回はフェザースティックの作り方を解説していきます。

フェザースティックの作り方をマスターしてもっと焚き火を楽しんでいきましょう!

この記事はこんな方におススメ
  • フェザースティックの作り方を知りたい
  • フェザースティックに適したナイフを探している
目次

フェザースティックとは

フェザースティックとは、ナイフで枝や薪を細く薄く削った木材のことで、着火剤の代わりに使うことが出来ます。

見た目が羽毛のように見えるため、フェザースティック(羽毛の棒)と呼ばれるんですね。

フェザースティックを作れば、焚き火の火をおこしやすくなるので、別途着火剤も不要です。

ティンダーフェザーとキンドリングフェザーの2種類ある

フェザースティックは、「ティンダーフェザー」と「キンドリングフェザー」の2種類あります。

ティンダーフェザーは、着火に使うフェザースティックのことです。

着火しやすいよう木を薄く削るため、切れ味の良いナイフで丁寧に毛羽立たせる必要があります。

薄く削ったティンダーフェザーです。

一方キンドリングフェザーは、火を大きくするためのフェザースティックのことです。

ティンダーフェザーに比べ削る木は厚めで、ある程度おおざっぱに削っても問題ありません。

キンドリングフェザーです。
ティンダーフェザー(右)とキンドリングフェザー(左)です。

フェザースティック作成時の注意点

基本的に針葉樹で行う

フェザースティックは針葉樹で行うのが基本。

針葉樹のほうが削りやすく、また油分を多く含んでおり着火もしやすいためです。

木は「針葉樹」と「広葉樹」に分類され、スギやヒノキ、マツといった木が針葉樹に分類されます。

広葉樹でも出来ないことは無いですが、針葉樹があれば針葉樹を選んで行ってくださいね。

針葉樹でフェザースティックを作っていきましょう。

グローブを着用する

ナイフを扱うときは基本的にグローブを着用するようにしてください。

フェザースティックでケガをする可能性は低いと思いますが、万が一がありますので安全に楽しみながら行いましょう。

楽しい焚き火が、怪我によって台無しになってしまうのは悲しいです。

ナイフを持たない手はグローブをするようにしてくださいね。

フェザースティック作りの手順

早速フェザースティックを作っていきますが、今回は一般的なフェザースティック、キンドリングフェザーを作っていきます。

フェザースティック完成まで、大きく5ステップあります。

STEP
道具を用意する

フェザースティック作りに必要な以下の道具を用意します。

  • ナイフ
  • グローブ
  • 土台の木
STEP
土台の上に削る木を置く

ナイフでフェザースティックを作るとき、木の上に置いてやるようにしましょう。

木の上でやらないと、ナイフが滑った場合、地面に刃部分が当たって欠けてしまうことがあります。

削る木を持って空中でやる方法もありますが、慣れないうちは必ず木の上でやるようにしてくださいね。

ナイフを守るためにも木の上でフェザースティックを作るようにしましょう。
STEP
刃を木に添わせて削る

ナイフの刃を削る木の側面(角部分)に合わせることを意識し、削っていきましょう。

力を入れすぎず、ナイフの重さ+軽い力ぐらいで削っていく方が上手く出来ると思います。

注意点として、削ったときは最後まで削らないように注意してください。

最後まで削ってしまうと、フェザー部分が切り落とされてしまうので、最後1~2cmほど残したところで止めるようにしましょう。

最初の1削り目を厚めに削ることによって、2削り目以降は1削り目より前で止まるようになりますよ。

角から削っていきます。
どんどん削っていきます。
STEP
色々な面を削っていく

一つの角、面をある程度削ったら、木を回して他の角、面を削っていきます。

また時々削ったあとに、ナイフを立ててさらに毛羽立たせるようにしましょう。

ナイフを立てることで、削った部分がより毛羽立った感じになって、出来上がりがきれいになります。

ある程度削ったら気を回して他を削っていきます。
時々ナイフを立てて、フェザー部分を立てていくとキレイに仕上がります。
STEP
完成

STEP3とSTEP4を繰り返していくと完成です。

最初は上手く削れないと思いますが、何回かやると、力の入れ具合など感覚が掴めてきます。

フェザースティックは割りばしで練習できる

フェザースティックを早く上手く作りたい、そんな方は割りばしでの練習がおススメです。

割りばしは杉の木で作られていることが多く、削りやすいです。

家の中でも練習できるため、割りばしでたくさん練習して上達しましょう。

なお、割りばしは細いため、キンドリングフェザーよりはティンダーフェザーの練習が適しています

力の入れ加減、刃の角度など、削るたびに上達していくので、繰り返し練習してくださいね。

ダイソーに売っていた割りばし。70本入りでどんどん練習できます。
割りばしでいっぱい練習して上達していきましょう。

100均で売っている焚き付け材もおススメ

キンドリングフェザーの練習は100均の焚き付け材がおススメです。

ある程度太さがある角材なので、割りばしに比べて削りやすくなっています。

セリアで売っている焚き付け材。キンドリングフェザーの練習に最適です。

フェザースティック作りで大事なのは「ナイフの切れ味」

キレイなフェザースティックを作るために大事なのは「ナイフの切れ味」です。

ナイフの切れ味が悪いと、木が上手く削れず細かなフェザーが出来ません。

フェザースティックを作る前は、ここで紹介する2つのアイテムを使ってしっかりナイフをメンテナンスしましょう。

砥石(といし)

ナイフの切れ味が落ちてきたとき、砥石(といし)を使って切れ味を復活させましょう。

おすすめの砥石は、「シャプトン 刃の黒幕 オレンジ」です。

シャプトン 刃の黒幕 オレンジは#1000番の中研ぎ砥石で、一番汎用的に使うことが出来ますよ

ナイフ以外に包丁やハサミなども砥げるので、1つ持っていると役立つ機会は多いです。

皮砥(かわと)

皮砥(かわと)はナイフを革で砥ぐためのアイテムで、基本的にはナイフの仕上げで使われます。

(革砥でナイフを研ぐことを「ストロッピング」と言います)

ストロッピングを行うと、ものすごくシャープな切れ味になり、フェザースティックが格段にやり易くなりますよ

おススメの革砥は「ブッシュクラフト オールサイドパドルストロップ」です。

ブッシュクラフトの皮砥は価格が少し高いですが、カッコいい、4面使える、ストロークが長いなど良いところが詰まっているので、是非使ってほしい逸品です。

クードマン 158と並べたところ。長さが伝わるでしょうか。
この長さだとストロッピングが非常にやり易いです。
created by Rinker
Bush Craft ブッシュクラフト
¥3,300 (2022/10/02 00:45:49時点 Amazon調べ-詳細)

オールサイドパドルストロップは以下記事でレビューしています。

あわせて読みたい
革砥でナイフを最高の切れ味に!ブッシュクラフト オールサイドパドルストロップをレビューする 皆さんナイフのメンテナンスしてますか? ナイフは使っているうちに切れ味が落ちてくるので、定期的なメンテナンスは欠かせませんよね。 今回はナイフの仕上げで使う「...

フェザースティックに適したナイフの選び方

フェザースティックに適したナイフを見ていきましょう。

「コンベックスグラインド」がやり易い

出典:amazon

フェザースティックを作るにあたり、重要なのは刃のエッジです

フェザースティックに適した刃は「コンベックスグラインド」と言われていますが、個人の好みや技術に依存するところも大きいでしょう。

理論的に言えば、木に対して刃がフラットに当たる「スカンジグランド」の方が薄く削れるため、あまり気にせず好きなナイフを選んで問題ないと思います。

何度かやっているうちに、ナイフにあった削り方が見つかりますし、気に食わなかったら砥石でエッジの角度を変えることも可能です。

刃のエッジについては、以下euro kitchenさんの図が非常に分かりやすいです。

出典:euro kitchen

刃の形状的にコンベックスグラインドが一番頑丈で、次にスカンジグラインドが続きます。

切れ味を求めるなら「カーボン製」

出典:amazon

フェザースティックは木を削って毛羽立たせるので、切れ味の良いナイフが良いです。

ナイフの刃部分は主に「ステンレス製」と「カーボン製」の2つあり、「カーボン製」の方が切れ味が良いため、薄いフェザーを作りたい方はカーボン製を選ぶのがおススメ

ただカーボン製は錆びやすく定期的なメンテナンスが必要なため、ズボラな方はステンレス製を選んでくださいね。

(個人的な感想ですが、ちゃんと砥げばステンレスもカーボンもほぼ差は無い印象です)

重さがあるナイフの方が作りやすい

個人的な感覚もあるかもしれませんが、フェザースティックは重さがあるナイフの方が作りやすいです。

ナイフが重い方が削る力も少なく、少しの力を加えるだけでスッと木が削れますよ。

フルタングのナイフは重さがそこそこあるものが多いです。

フェザースティック作りに適したナイフ4選

最後にフェザースティックに適したナイフを紹介していきます。

モーラナイフ コンパニオン ヘビーデューティー

出典:UPI
全長22.4cm
持ち手の長さ12.0cm
刃部分の長さ10.4cm
刃の厚さ3.2mm
重量ナイフ:101g
構造ハーフタング
刃の形状スカンジグラインド
持ち手の材質ラバー
刃の材質カーボンスチール

コスパ抜群!カーボン製で切れ味が良くフェザースティックもやり易いナイフ

モーラナイフは創業130年を誇るスウェーデンを代表するナイフブランドで、日本でも人気ですよね。

そんなモーラナイフが作るコンパニオン ヘビーデューティーは、コスパ抜群で日本で最も売れているナイフだと思います。

カーボンスチール製で切れ味も良く、スカンジグラインドのエッジでフェザースティックも捗ります。

最初にナイフを購入するなら、このモーラナイフ コンパニオン ヘビーデューティーがおススメですね。

バークリバー ブラボー1

出典:amazon
全長23.0cm
持ち手の長さ11.5cm
刃部分の長さ10.7cm
刃の厚さ5.5mm
重量209g
構造フルタング
刃の形状コンベックスグラインド
持ち手の材質マルカイタ
刃の材質CPM3V鋼 HRC 58-59

アメリカ初のナイフメーカー「バークリバー」の代表モデル

バークリバーはアメリカのミシガン州に拠点を置くナイフメーカーです。

丈夫でハードな使用に耐えられるよう設計されたナイフは、バトニングにもピッタリですね。

またすべてのナイフに生涯補償が付けられており、刃の欠けや持ち手の割れなども補償対象になります

そんなバークリバーを代表するナイフがブラボー1です。

刃厚が5.5mmのコンベックスグラインドで、どんな薪も安心してバトニングすることが出来ます。

刃厚はあるが重さは控えめなので、取り回しもよく使いやすく考えられているナイフですね。

刃の材質CPM3V鋼は、耐靱性や耐摩耗性、耐食性に優れており、頑丈で刃持ちが良い高級な鋼材です。

価格は少し高めですが、補償もあり一生もののナイフになること間違いなしなので、買って後悔はないと思いますよ。

ヘレナイフ テマガミ

出典:amazon
全長23.0cm
持ち手の長さ12.0cm
刃部分の長さ11.0cm
刃の厚さ3.0mm
重量ナイフ:155g
構造ハーフフルタング
刃の形状スカンジグラインド
持ち手の材質カーリーバーチ
刃の材質カーボンスチール or ステンレス

人気のヘレナイフ!軽量で扱いやすいハーフフルタング構造

ヘレナイフは1932年にノルウェーで生まれたブランドで、品質と伝統、クラフトマンシップを大切にしながら、45もの工程を経て熟練エが1本1本丁寧に仕上げています。

そんなヘレナイフが作り出すナイフがテマガミです。

テマガミはハーフフルタング構造で頑丈さも備えつつ、3mmという厚すぎない刃厚にすることで、軽量で扱いやすいナイフに仕上がっています

刃の素材はカーボンとステンレスを選ぶことが出来ますが、フェザースティックには切れ味が良いカーボンを選ぶのが良いでしょう。

手の小さい男性や女性の方には、扱いやすいテマガミがおススメです

created by Rinker
¥28,500 (2022/10/02 01:19:01時点 楽天市場調べ-詳細)

クードマン 158-L

出典:amazon
全長23.5cm
持ち手の長さ11.5cm
刃部分の長さ12.0cm
刃の厚さ4.5mm
重量ナイフ:259g シース:115g
構造フルタング
刃の形状スカンジグラインド
持ち手の材質オリーブ
刃の材質ステンレス(モリブデンバナジウム)

刃厚4.5mmの重厚感。バトニングに最適な存在感のあるナイフ

クードマンは象のロゴがトレードマークのスペインのブランドです。

クードマンは常に最新の鋼材、ハンドルを使用して最新の技術を取り入れながら、熟練の技術工が制作しています。

このクードマンの158-Lは最高峰のモデルで、バイキングの西村さんも愛用されているナイフでも有名ですよね。

刃は硬くて耐久性のあるモリブデンバナジウムを使用し、錆にも強いことから医療用のメスにも採用されている素材です。

刃の厚さは4.5mmとかなり厚いためバトニングに最適で、重量があるためフェザースティックも作りやすいですよ

この158-Lはシースもカッコいいので、シースにもこだわりたい方にもおススメです。

クードマン 158については、以下記事でレビューしています。良かったら見てね!

あわせて読みたい
【刃厚4.5mm】クードマン 158は生涯の相棒になりそう!重厚感あふれる漢のナイフでした キャンプ、焚き火においてナイフは欠かせないものですよね。 食材を切る、薪を割る、焚き付けを作る、など、ナイフ一本あれば出来ることは多く、キャンプ・焚き火におい...

フェザースティックのまとめ

今回はフェザースティックについて紹介しました。

フェザースティックが作れるようになると、着火がスムーズに行えるようになり、さらに焚き火が楽しくなります

ぜひマスターして楽しい焚き火ライフを過ごしてくださいね!

↓応援のポチしていただけると嬉しいです!↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

焚き火が好きなキャンプ歴17年のソロキャンパーです。
平日は会社員の既婚キャンパー、焚き火は週末に楽しんでます。
焚き火に関する役立つ情報を発信していくのでよろしくお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次