2022年9月からYouTube始めました!詳細はここをクリック

革砥でナイフを最高の切れ味に!ブッシュクラフト オールサイドパドルストロップをレビューする

皆さんナイフのメンテナンスしてますか?

ナイフは使っているうちに切れ味が落ちてくるので、定期的なメンテナンスは欠かせませんよね。

今回はナイフの仕上げで使う「革砥(かわと)」、その中でも使いやすいアイテムである「ブッシュクラフト(bushcrft) オールサイドパドルストロップ」を紹介します。

ブッシュクラフト オールサイドパドルストロップを使ってナイフを砥ぐと、驚くほどの切れ味になりますよ!

それでは見ていきましょう。

ごんちゃ

ナイフは焚き火でも大活躍です。
しっかりメンテナンスして焚き火を楽しみましょう!

この記事はこんな方におススメ
  • ナイフを最高の切れ味にしたい
  • 日々のナイフメンテナンスを楽にしたい
  • カッコよくて使いやすい革砥を探している

今回紹介する商品はこちら

created by Rinker
Bush Craft ブッシュクラフト
¥3,300 (2022/10/02 00:45:49時点 Amazon調べ-詳細)
目次

革砥(かわと)とは

出典:amazon

革砥とは、ナイフを革で砥ぐ道具のことで、主にナイフの仕上げで使われます

木に革(床革)が貼ってあるのが一般的ですが、持ち運びやすいようベルト状になっているものもあります。

使い方は簡単で、革にコンパウンドを塗り付けてナイフを数回擦りつけるだけ。

たったそれだけで、ナイフが恐ろしい切れ味になるんですね。

ちなみに革砥でナイフを砥ぐことを「ストロッピング」と言います。

ストロッピングはフェザースティック作りの前にやるべし

ストロッピングは、フェザースティックを作りで役立ちます

ストロッピングすることで木が薄く削れるようになるため、キレイなフェザースティックが作れちゃうんですね。

フェザースティックがきれいに出来ない、薄く削ることが出来ないという方は、ストロッピング後にやってみてくださいね!

割りばしのティンダーフェザー(右)とキンドリングフェザー(左)。
ストロッピング後は削りやすい。

ブッシュクラフト オールサイドパドルストロップとは

出典:amazon

オールサイドパドルストロップとは、ブッシュクラフトが販売している革砥です。

オールサイドパドルストラップはストロッピングがやり易いように考え抜かれた革砥です

  • 十分なストローク(長さ)がある
  • 広すぎないちょうどいい幅
  • 色々なコンパウンドが使えるよう4面すべてレザーになっている
  • 机に置いて作業する際、ナイフを持つ手が机に当たらない

など、細かいところまで考えられており、さすがはブッシュクラフトだねと思います。

私がオールサイドパドルストロップを選んだ理由

私がオールサイドパドルストロップを選んだのは以下の理由です。

  • ストロークが長くストロッピングしやすそう
  • やっぱり考え抜かれた専用品が良い
  • ブッシュクラフトのロゴがカッコいい

革砥は自作することも出来、実際に自作されている方も沢山います。

私も最初は自作しようかと考えていましたが、やっぱり考えられた形状の専用品の方が良いでしょうし、ブッシュクラフトのロゴもなんだかカッコいい。

また「どうせ買うなら気に入った良いものを」という考えもあるので、オールサイドパドルストロップを選びました。

※「革が駄目になっても土台の木はそのまま使えるじゃん」と、セコい考えが購入の決め手なんですけどね(笑)。

革が駄目になってもベースの木は使える!(セコい!)

ブッシュクラフト オールサイドパドルストロップのサイズ・スペック

ブッシュクラフト オールサイドパドルストロップのスペック・サイズです。
素人計測のため誤差があります。ご了承ください。

項目
重量540g
全長43cm
革面サイズ(広面)30cm×5cm
革面サイズ(狭面)30cm×2.5cm
木の素材マツ
実測は45cmぐらい。
広い面は約5.5cm。
狭い面は約3.3cmぐらい。
持ち手部分は12cmぐらい。

サイド部分もびっちり革が貼ってあります。

もちろん後ろ側もびっちり。

革の厚さは大体3mmほどでしょうか。

先端部分は革は無く、むき出しです。

長さですがナイフ(クードマン 158)と比べるとこんな感じです。長いですよね。

オールサイドパドルストロップは十分な長さがあります。

持ち手は握りやすい形に削られており、持った状態でストロッピングしやすいです。

説明書が付いており、ストロッピングのやり方が書かれています。

ブッシュクラフト オールサイドパドルストロップを使ってみる

早速ブッシュクラフト オールサイドパドルストロップを使ってストロッピングしてみます。

STEP
必要なモノを準備する

ストロッピングする前に、必要なものを準備しましょう。

以下の3つあればOKです。

  • オールサイドパドルストロップ
  • ナイフ
  • コンパウンド

革面に塗り込むコンパウンドは色々ありますが、「赤棒」「白棒」「青棒」と言われるものが一般的です。

今回は手元になかったので、「ピカール」を用意しました。

ピカールケアーを使ってますが、成分はピカールと同じです。
STEP
革面にコンパウンドを塗り込む

必要なモノが準備できたら、オールサイドパドルストロップの革面にコンパウンドを塗り込んでいきます。

今回は狭い面の使いやすさも見ていきたいので、狭い面に塗り込んでいきましょう。

ピカールケアーはペースト状のためそのまま塗り込んでいきます。

赤棒」「白棒」「青棒」を塗り込む場合は、ミシン油など不揮発な油を塗った後塗り込んでいってくださいね。

ピカールケアーを出して・・・
指で塗り込んでいきます。
塗り終わった後、浮いているコンパウンドは拭き取ってくださいね。
STEP
ストロッピングする

革面にコンパウンドを塗り込んだら、ストロッピングしていきます。

ナイフのエッジを革面に当て、刃の背部分(スパイン)に向けて擦りつけるようにスライドさせます。

エッジ方向に向けてスライドすると、革面が切れてしまうので注意して下さい。

赤矢印の方向にスライドして砥いでいきます。
ナイフの根元から先方向にスライドして全体を砥ぐようなイメージです。
長さがあるので、根元から先まで1回で砥ぐことが出来ます。
逆側もも砥いでいきます。
STEP
研ぎ終わり

STEP3を数回繰り返し、反対側のエッジも数回行うと研ぎ終わりです。

たったこれだけで刃の切れ味が格段に良くなっているはずです。

砥ぎ終わった後。革が真っ黒になっています。砥げている証拠。
砥いだ後は指先で引っ掛かりが無いかなど確認してください。

砥いだ後紙を切ってみましたが、砥ぐ前より切れ味が鋭くなってました。

左側が砥いだ後。切れ味は確実に良くなっています。

今回は狭い面でストロッピングしましたが、特にストロッピングしにくいと感じたことは有りませんでした。

革面が狭くても長さがあるので、1回のスライドでナイフ全体を砥げましたよ!

ブッシュクラフト オールサイドパドルストロップで使うコンパウンドを紹介

ブッシュクラフト オールサイドパドルストロップと一緒に買いたいアイテムは「コンパウンド」です。

色々なコンパウンドがあるので、用途に合わせて色々使い分けるのが良いでしょう。

赤棒 白棒 青棒

出典:amazon

革砥で使われるコンパウンドで有名なのは、「赤棒」「白棒」「青棒」です。

「赤棒」「白棒」「青棒」は、それぞれ素材と粒度が異なっており、使う状況も異なります。

注意点として、ミシン油などの不揮発性の油を塗ってから塗り込む必要があるので、油も用意することを忘れないでください。

赤棒白棒青棒
仕上げ荒仕上げ用中仕上げ用仕上げ用
番手#200~#600ほど#2000~#3000ほど#6000~#8000ほど
主成分珪石酸化アルミナ酸化クロム

赤棒(荒仕上用 #200~#600ほど)

出典:amazon

赤棒は粒度が荒く、最初に刃を整えるのにつかわれる荒仕上げ用のコンパウンドです。

主成分は珪石で、番手はだいたい#200~#600ほどになっています。

長い間メンテナンスしていないナイフ、少しチップ(欠けている)ナイフなどを砥ぐときは、赤棒が最適です。

白棒(中仕上げ用 #2000~#3000ほど)

出典:amazon

白棒は赤棒と青棒の中間で、中仕上げ用のコンパウンドです。

用途によっては中仕上げでも十分な仕上がりで、一番汎用的に使えるのがこの白棒だと思います。

日々のメンテナンスにも使えるため、1つあると役立つこと間違いなしでしょう。

青棒(仕上げ用 #6000~#8000ほど)

出典:amazon

青棒は粒度が細かく、仕上げ用のコンパウンドです。

一段上の切れ味を求める方は、青棒を使ってナイフの切れ味を極限まで高めてあげましょう。

革砥でスクレイピングを擦る方は、この青棒を使っている方が多いと思います。

(スクレイピングが仕上げで使われることが多いこともあると思います)

赤棒 白棒 青棒の3本セットがおススメかも

赤棒 白棒 青棒は3本セットで販売されているものもあり、揃えたい方にはセットがおススメです。

created by Rinker
ガレージドットコム(Garage.com)
¥1,680 (2022/10/01 19:23:17時点 Amazon調べ-詳細)

赤棒 白棒 青棒を使うときは、ミシン油も忘れないようにしてくださいね。

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥328 (2022/10/02 00:45:50時点 Amazon調べ-詳細)

ブッシュクラフトのコンパウンドもある

出典:amazon

ブッシュクラフトもコンパウンドをリリースしています。

オールサイドパドルストロップにブッシュクラフトのコンパウンド、これは最適な組み合わせですね。

#12000番の超仕上げ用コンパウンドもあるので、極上の切れ味を求める方はこちらを使うのが良いでしょう。

#12000番が含まれた3本セットの販売があるので、こちらがおススメですね。

切れ味にこだわる方向けにフルセットもあります。

もちろんピカールでもOK

ピカールもオールサイドパドルストロップのコンパウンドとして使ってもしっかり磨けます。

ピカールは大体3ミクロンほどの粒子で、番手として#5000ぐらいですね。

白棒と青棒の中間ぐらいで、仕上げとしても十分に使えるかと思いますよ。

created by Rinker
ピカール
¥474 (2022/10/02 00:45:50時点 Amazon調べ-詳細)

ブッシュクラフト オールサイドパドルストロップのまとめ

今回はブッシュクラフト オールサイドパドルストロップを紹介しました。

オールサイドパドルストロップは、ストロークが長いため使いやすい革砥です

全面が革になっており様々なコンパウンドを使うことが出来ますよ

ブッシュクラフトのロゴも入っており、使っていてテンションが上がるアイテムになっています。

ナイフの切れ味を極めたい方、フェザースティックを美味くやりたい方、是非オールサイドパドルストロップを使ってみてくださいね!

この記事で紹介したもの
created by Rinker
Bush Craft ブッシュクラフト
¥3,300 (2022/10/02 00:45:49時点 Amazon調べ-詳細)

↓応援のポチしていただけると嬉しいです!↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

焚き火が好きなキャンプ歴17年のソロキャンパーです。
平日は会社員の既婚キャンパー、焚き火は週末に楽しんでます。
焚き火に関する役立つ情報を発信していくのでよろしくお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次