2022年9月からYouTube始めました!詳細はここをクリック

ハイマウントのアジャスタブルグリルを徹底レビュー!料理の幅が広がる魔法の道具だ

こんにちはー!

早速ですが焚き火で調理するのって楽しいですよね。

焚き火で料理するときに使える、「アジャスタブルグリルSを紹介していきたいと思います。

このグリル、非常に使い勝手が良くて、料理の幅を広げてくれる最高の道具なんですよ

これがあれば、どんな料理もこなせるようになります。

それでは早速見ていきましょう!

この記事はこんな方におススメ
  • 焚き火で凝った料理を作りたい
  • ソロ用の焚き火台で幅広く調理したい
  • 手持ちの焚き火台にあうグリルを探している

今回紹介する商品はこちら

created by Rinker
¥4,180 (2022/10/02 14:37:02時点 楽天市場調べ-詳細)
目次

アジャスタブルグリルとは

出典:ハイマウント

アジャスタブルグリルは、ハイマウントが販売している主にシングルバーナー用のゴトクになります。

シングルバーナーのゴトクは、重いものを乗せることが想定されておらず貧弱なのですが、アジャスタブルグリルを使うことによって、例えばダッチオーブンのような重いものを乗せて調理することが出来るようになります

シングルバーナーで大鍋やダッチオーブンの調理が出来るなんて素晴らしいですね。

グループ登山で鍋パーティーなど、出来ることが格段に増えます。

様々な種類がある

ハイマウントは今回紹介するアジャスタブルグリル以外にも、多数のグリルを発売しています。

それぞれ用途ごとに用意されており、目的によって使い分けることが出来ますよ。

アジャスタブルグリル以外のグリルは、後の方で紹介しますね。

アジャスタブルグリルSのサイズ・スペック

アジャスタブルグリルSのスペック・サイズです。

項目
使用時サイズ約幅330×奥行175×高さ115/130/150/165/185mm
収納時サイズ約255×175×20mm
重量約670g
耐荷重30kg

アジャスタブルグリルSの良いところ

アジャスタブルグリルSを実際に使ってみて感じた良いところは以下です。

  • 高さが調整できる
  • とにかく頑丈
  • 収納袋が最初から付いている
  • サイドパネルが風防になる
  • テーブルやクッカーの一時置き場として使える

【○】高さが調整できる

名前からお分かりだと思いますが、アジャスタブルグリルの最大の特徴は高さが調節できることです。

高さは5段階(約115/130/150/165/185mm)に調整できるので、様々なバーナー、焚き火台にフィットできます。

複数のバーナーや焚き火台を持っている方は、高さを変えてそれぞれフィットさせることが出来るので、非常に便利ですよね。

私が持っているバーナー、焚き火台を、この後合わせているのでそちらもご覧くださいね。

穴が5つ開いており、5段階に高さを調節できます。

【○】とにかく頑丈

アジャスタブルグリルSはとにかく頑丈です。

耐荷重が30kgありますからね。乗せられないクッカーは無いと考えてよいです。

私が一番重いと思うのはダッチオーブン12インチですが、ユニフレームのダッチオーブン12インチの重量は8.8kgです。

満水容量が8.2リットルなので、合わせて約17kgで30kgに全然及んでないです。

耐荷重30kgというのはそれぐらい凄いです。

太いステンレスの棒が使われているのが分かるでしょうか。
熱でもゆがまない太さで、重いものも大丈夫です。

【○】収納袋が最初から付いている

アジャスタブルグリルSには丈夫な収納袋が付いています

これは結構重要ですよね。ゴトクとして使うと汚れるので収納袋は必須なので。

収納袋がついていないと、自分で収納袋を探さないといけないですが、結構面倒くさいんですよね。

ぴったり合うモノに巡り合えるとは限らないですし、別途購入する予算も抑えられます。

付属の収納袋にアジャスタブルグリルSを入れているところ。
汚れるものなので、専用の収納袋が付属されているのは嬉しいですね。

【○】サイドパネルが風防になる

アジャスタブルグリルSの横部分はパネルになっており、横方向の風を防ぐことが出来ます

横方向だけ?と思うかもしれませんが、横方向のパネルがあるだけですぐに3方向の風よけが出来ます。

例えば後ろ側に岩などの壁につけることで、すぐに3方向の風よけが出来ますし、かなり助かることは間違いなしです。

壁などが無い場合は、別途風よけを使用すればOKです。

私の使っている、キャプテンスタッグの2wayウィンドスクリーンSだと、後ろ側をしっかり防いでくれます。

アジャスタブルグリルSの収納袋に一緒に入るので、入れておけば安心ですね!

サイドのパネル。結構大きいのでしっかり横風を防いでくれますよ。
キャプテンスタッグ 2wayウィンドスクリーンSと合わせたところ。後ろ側がしっかり覆われていますね。
キャプテンスタッグ 2wayウィンドスクリーンSを一緒に収納袋に入れたところ。ギリギリですがマジックテープのフタも閉まります。

【○】テーブルやクッカーの一時置き場として使える

アジャスタブルグリルSテーブルやクッカーの一時置き場として使えます

ソロで行くときは出来るだけ荷物を減らしたいので、テーブルとして使えるのは便利です。

大きさもクッカーとカップが置けるぐらいのスペースがあり、十分テーブルとして使えます。

またアジャスタブルグリルSは、熱々のクッカーを置いたりすることが出来ます。

熱々のクッカーって置き場所に困ることありませんか?置く場所無くて地面に置いたことある人もいるはず?

熱々のクッカーを気にせず置けるのは結構便利ですよ。

ユニフレームのダッチパン10インチを置いたところ。熱々のものも気にせず置けますね。
折りたたんだ状態で鍋敷きのような使い方も出来ます。

アジャスタブルグリルSの悪いところ

アジャスタブルグリルSを実際に使ってみて感じたいまいちなところは以下です。

  • 高さ変更が面倒くさい
  • 高さ変更した状態では折りたためない

【×】高さ変更が面倒くさい

前述している通り、アジャスタブルグリルSは高さ変更できますが、高さ変更が結構大変です

穴に足が入っているだけの簡単な構造で、高さを変えるためには足を入れる穴を変える必要があります。

しかし足が太いステンレスのため、押して穴から外すのに結構力が必要です。

力のない子供や女性の場合は、手の力だけでは変更は大変かもしれません。

地面に足部分を押し当ててたわませ、穴をズラす必要があります。

頑丈がゆえに、高さ変更が大変です。

穴部分を地面に押し当て、下方向に力を入れて穴から外す必要があります。結構力がいるので大変。

【×】高さ変更した状態では折りたためない

アジャスタブルグリルSは、高さを変更した状態で折り畳みが出来ません

これはものぐさ系キャンパーとしては結構なデメリットです。

使うたびに高さを元に戻して収納しないといけないので、面倒くさいです、ほんとに。

慣れればすぐに穴位置を変えれるので、それほど時間はかからないですが、まぁ面倒くさいです。

穴位置が一番下でないと折りたためない。これは面倒です。

アジャスタブルグリルSとバーナー・焚き火台との組み合わせ

ここでは、バーナーや焚き火台との組み合わせを紹介していきます。

高さが変えられるので、色んな製品にマッチしますよ~!

【○】プリムス P-153 ウルトラバーナー

プリムス P-153 ウルトラバーナーを使う場合、アジャスタブルグリルSの穴位置を一番高い位置にセットすることでちょうど良い高さになります。

【○】SOTO G-STOVE

SOTO G-STOVEを使う場合、アジャスタブルグリルSの足を折りたたんだ状態でちょうど良い高さになります。

【×】トランギア アルコールバーナー

トランギア アルコールバーナーを使う場合、一番低い状態でも高さが合わないです。

使う場合は下をかさ上げするか、バーゴのチタニウムヘキサゴンウッドストーブと組み合わせて風を防いで使うかですね。

【○】solo stove ライト

solo stove ライトを使う場合、アジャスタブルグリルSの穴位置を、下から2つ目の位置にセットすることでちょうど良い高さになります。

solo stoveライトについては、以下で詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
solo stove(ソロストーブ) ライトをレビュー!少燃料で効率的に燃える良きストーブだ バックパッキング、ツーリングなどで使えるコンパクトな焚き火台が欲しい二次燃焼する焚き火台に興味がある焚き火だけでなくアルコールストーブのゴトクとしても使いた...

【○】バーゴ チタニウム ヘキサゴンウッドストーブ

バーゴ チタニウム ヘキサゴンウッドストーブを使う場合、アジャスタブルグリルSの穴位置を一番上にセットすることでちょうど良い高さになります。

ただ結構ピッタリなので、枝を入れたりする場合はもう一段上(穴位置を上から2つ目)にセットしても良いかもしれません。

バーゴ チタニウムヘキサゴンウッドストーブについては、以下で詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
バーゴ ヘキサゴンウッドストーブをレビュー!携帯性抜群で遭難時の備えにもなる優れもの こんにちは! 今回は、バーゴ(VARGO) チタニウム ヘキサゴンウッドストーブをレビューします。 このチタニウム ヘキサゴンウッドストーブは、超軽量で持ち運びに特化し...

【○】バーゴ チタニウム ファイヤーボックスグリル

バーゴ チタニウム ファイヤーボックスグリルを使う場合、アジャスタブルグリルSの穴位置を一番上にセットすることでちょうど良い高さになります。

ただ、ファイヤーボックスグリルはグリルが付いているので、あまりこの使い方はしないかもしれないですね。

created by Rinker
¥14,850 (2022/10/02 08:02:49時点 楽天市場調べ-詳細)

バーゴ ファイヤーボックスグリルについては、以下で詳しく紹介しています。

あわせて読みたい
バーゴ ファイヤーボックスグリルは携帯性バツグン!焚き火もBBQもOKな最強グリルだった こんにちはー! 今回はバーゴ(VARGO)ファイヤーボックスグリルをレビューします! ファイヤーボックスグリルはずっとウォッチリストに入れてチェックしていたんですが、...

ハイマウントのその他グリル

ハイマウントはアジャスタブルグリルS以外にも様々なグリルを販売しています。

用途ごとに適切なグリルが用意されているので、ここでも紹介しておきたいと思います。

ミニパックグリル

出典:amazon

ミニパックグリルは、ミニサイズの折り畳み式グリルです。

アジャスタブルグリルのように高さを変えることは出来ませんが、耐荷重は30kgとアジャスタブルグリルと同様非常に頑丈です。

コンパクトなので、よく持ち運びする方にお勧めのグリルですね。

項目
使用時サイズ約幅255×奥行175×高さ120mm
収納時サイズ約160×175×30mm
重量約465g
耐荷重30kg
created by Rinker
¥1,980 (2022/10/02 04:08:07時点 楽天市場調べ-詳細)

プレート付きのモデルもあります。プレートがあれば完全なミニテーブルとして使えますね。

グリルwithガード

出典:amazon

グリルwithガードは、風防付きのグリルです。

3方向の風防が付いているので、風を遮り、効率的に調理することが出来ます。

凝った調理をしたい方にお勧めのグリルですね。

項目
使用時サイズ約幅220×奥行210×高さ120mm
収納時サイズ約235×130×14mm
重量約790g
耐荷重30kg

グリルwithガード ラージ

出典:amazon

グリルwithガードのラージサイズもあります。

ラージサイズは風防の高さが更に75mm高くなっており、ゴトクの高さも3段階調整できるようになっています。

複数のバーナーを持っている方や、火力を調整した調理をしたい方にお勧めのグリルですね。

項目
使用時サイズ約幅220×奥行210×高さ195mm
収納時サイズ約245×210×20mm
グリルの高さ約120/150/195mm
重量約1250g
耐荷重30kg
created by Rinker
¥3,850 (2022/10/02 04:08:53時点 楽天市場調べ-詳細)

ツーステップパックグリル

出典:amazon

ツーステップパックグリルは、軽量で2段階の高さ調整が可能なグリルです。

高さ調整も容易にできるので、お手持ちのバーナーの高さが合うのであれば、こちらもおススメです。

耐荷重が15kgと少し低くなっているので、ダッチオーブンでの調理を考えている方は考える必要があるかもしれません。

項目
使用時サイズ約幅370×奥行170×高さ155/200mm
収納時サイズ約260×170×30mm
重量約575g
耐荷重15kg
created by Rinker
¥2,090 (2022/10/02 04:08:53時点 楽天市場調べ-詳細)

アジャスタブルグリル

出典:amazon

今回紹介したアジャスタブルグリルSの大きいバージョンもあります。

正方形に近い形で、より大きく使いたい方におススメです。

項目
使用時サイズ約幅360×奥行255×高さ105/125/145/165/185mm
収納時サイズ約265×255×30mm
重量約1250g
耐荷重30kg
created by Rinker
¥4,180 (2022/10/02 14:37:02時点 楽天市場調べ-詳細)

ドリップ&グリルスタンド

出典:amazon

コーヒー好きのために、ドリップスタンドが付いたモデルも販売されています。

片側がドリップスタンドなので、お湯を沸かしてそのままドリップすることが出来ますね。

1台で完結できるので、荷物を減らしたい方におススメです。

項目
使用時サイズ約幅455×奥行190×高さ160mm
収納時サイズ約360×190×30mm
重量約860g
耐荷重15kg
created by Rinker
¥3,630 (2022/10/02 04:08:53時点 楽天市場調べ-詳細)

ドリップ&グリルスタンド アジャスタブルタイプ

出典:amazon

ドリップ&グリルスタンドの高さを変えられるアジャスタブルタイプもあります。

バーナーの高さが合わなかった方でも、このモデルなら使えますね。

項目
使用時サイズ約幅420×奥行195×高さ115/130/150/165/185mm
収納時サイズ約360×195×30mm
重量約975g
耐荷重15kg

アジャスタブルグリルSのまとめ

今回はアジャスタブルグリルSを紹介しました。

アジャスタブルグリルSのまとめ
  • 頑丈で高さ調節が出来る
  • 収納袋付きで別途購入しなくて良い
  • テーブルとしても使える
  • 高さ変更が面倒くさい
  • 高さ変更した状態では収納できない

アジャスタブルグリルSは調理の幅を広げるグリルです。

グリルだけでなく、テーブルにもなるので、使い勝手が良く重宝するはずです。

使い方によっては、直火のゴトクなど、今回紹介した使い方以外にもあると思うので、それぞれの用途に応えてくれると思いますよ!

参考になったら嬉しいです。それでは!

この記事で紹介したもの
created by Rinker
¥4,180 (2022/10/02 14:37:02時点 楽天市場調べ-詳細)

↓応援のポチしていただけると嬉しいです!↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

焚き火が好きなキャンプ歴17年のソロキャンパーです。
平日は会社員の既婚キャンパー、焚き火は週末に楽しんでます。
焚き火に関する役立つ情報を発信していくのでよろしくお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次