2022年9月からYouTube始めました!詳細はここをクリック

ハスクバーナ手斧38cmをレビュー!薪割り、木細工が出来る万能小型ハチェット!

こんにちは!

早速ですが焚き火を楽しむには「薪割り」は必須です。

割った薪を使って徐々に火を大きくしていく、焚き火の楽しみの1つですよね。

今回は薪割りに必要な斧、その中でも持ち運びに便利な手斧である「ハスクバーナ手斧38cm」をレビューします。

このハスクバーナですが、カッコよくて使いやすい手斧ですよ!

それでは見ていきましょう。

この記事はこんな方におススメ
  • 薪割り用の斧を探している
  • 持ち運びできるカッコいい手斧が欲しい
  • ハスクバーナの使い勝手を知りたい

今回紹介する商品はこちら

目次

ハスクバーナとは

ハスクバーナは、1689年にスウェーデンで設立され、400年以上の歴史がある会社です。

日本だと江戸時代から続いている会社ということなので、凄い歴史ですよね。

ハスクバーナは、プロ用機械から要求の厳しい消費者向け製品まで、あらゆる製品を幅広く提供しており、特にチェーンソー芝刈り機が有名です。

そんなハスクバーナが作った斧が「ハスクバーナ手斧」です。

ハスクバーナ手斧は、一般人にも使いやすくアレンジされており、薪割りに適した手斧です。

ハスクバーナロゴマークは「銃身と照準」

ハスクバーナ手斧に刻印されているハスクバーナのロゴマークは、銃製造の歴史を表しているものです。

もともとハスクバーナは、スウェーデン王室に納める「マスケット銃」を製造する為に発足しており、そのマスケット銃の品質を保証するために使われたのがロゴマークです。

ロゴマークはマスケット銃の「銃身と照準」を表しており、今では将来に照準を合わせるハスクバーナの姿勢が表現されています。

ハスクバーナ「手斧」と「キャンプ用斧」「日本限定ハチェットヤンキー」との違い

今回紹介するのはハスクバーナの「手斧」ですが、近いサイズで「キャンプ用斧」「日本限定のハチェットヤンキー」というキャンプに適した斧をリリースしています。

違いは主に以下の4つです。

  • 重量
  • 刃の形状
  • 製造場所
  • 価格

薪割りにおいては重い方が割りやすいので、薪割り重視の方は「手斧」、携帯性重視の方は「キャンプ用斧」を選ぶのが良いでしょう。

スクロールできます
手斧キャンプ用斧ハチェットヤンキー



画像




長さ38cm38cm38cm
総重量980g784g1007g
ヘッドの重量600g500g700g
刃カバー付属付属付属
製造場所スウェーデン製スウェーデン製ドイツ製
価格約7,000円約9,000円約6,000円

選ぶポイントとしては、重量と価格かと思います。

重量と価格なら「ハチェットヤンキー」なんですが、私は製造場所も加味して「手斧」を選びました

スウェーデンのメーカーなので、スウェーデン製が良いだろうという単純な理由です。

ハスクバーナ手斧の外観

ハスクバーナ手斧を詳しく見ていきます。

全体としてはこんな感じです。全長38cmなので、ソリッドステーク30cmより少し長いぐらいのサイズ感です。

持ち手部分はヒッコリーの木を使っています。木目が美しいですね。

持ち手には穴が開いており、パラコードなど取り付けることが出来ます。

刃部分は手鍛造でごつごつとした質感で頑丈そうです。

刃の逆側は結構幅があり、緊急時はハンマーの代わりとして使うことも出来そうです。

持ち手と刃をつなぐ部分は、しっかり楔が打ち込まれており、外れる様子はありません。

全体的に雰囲気がカッコいいなぁと思います。とくに持ち手のヒッコリーの木がイイですね。

キレイな持ち手のシェイプと武骨な刃部分の組み合わせ、さすが北欧の斧というべきでしょうか。

ハスクバーナ手斧の使用感

ハスクバーナ手斧の使用感を書いていきます。

しっかり握れる

ハスクバーナ手斧の持ち手は太すぎず細すぎずで、しっかり握れます。

私は男ですが、手は大きい方ではないので、手の小さな女性でも問題なく持てると思います。

持ち手の下部分は膨らみもあるので、薪割り中にすっぽ抜けることも防げます。

持ち手の穴に紐を通して、すっぽ抜けを防ぐことも出来ます。

私の場合は麻紐を通しています。ループ部分を短くしているので、指を通した状態で握ってます。

薪割り

肝心の薪割りですが、ハスクバーナ手斧はもちろん良い仕事をしてくれます。

刃部分にしっかり重量があるため、木にしっかり食い込んで薪が気持ちよく割れますよ。

一発でスコーンと割るも良し、薪に食い込ませてから割るも良し、どちらでもしっかり割ることが出来ます。

一振りで薪にしっかり刺さります。

刺さった後はそのまま薪も一緒に振り下ろすと簡単に割れます。

どんどん薪に食い込んでいきます。
ここまで来たら後は簡単ですね。
最後は逆さにして薪の自重で割りました。

木を削る

ハスクバーナ手斧は、ナイフのように木を削ることも出来ます。

さすがに細かい作業はナイフで行った方が良いですが、おおざっぱに木を削るのは難なくこなせます。

おおざっぱな作業はむしろナイフより斧のほうが向いています。

例えば木でペグを作る、箸やフォークを作るときのベース作りに役立ちます。

ハスクバーナでざっくり削っていきます。
ざっくりでここまで削れました。
最後はナイフのようにゆっくり削っていきます。
木製ペグの完成です。ここまで尖ったものが簡単に作れますよ。

ハスクバーナ手斧のメリット・デメリット

ハスクバーナ手斧を使って感じた、メリット・デメリットを書いていきます。

メリットデメリット
サイズ・重量のバランスが素晴らしい
エイジングが楽しめる木製の持ち手
最初は切れ味がイマイチ
刃カバーがゆるい

【○】サイズ・重量のバランスが素晴らしい

ハスクバーナ手斧はサイズ・重量のバランス感が素晴らしいです。

38cmという手斧として持ち運びしやすいサイズながら、刃部分はしっかり重量があるため、薪割りがしやすい。捗ります。

持ち運びしやすいのにしっかり割れる。

ハスクバーナ手斧は大事なところをしっかり押さえています。

【○】エイジングが楽しめる木製の持ち手

ハスクバーナ手斧の持ち手はヒッコリーの木を使用しています。

木なので使っていくうちに表情が変わっていき、エイジングを楽しむことができるんですね。

使っていくうちに愛着が湧き自分のものになっていく感覚は、何物にも代えがたいですよね。

分かるでしょうか。持ち手部分の色が変わってきています。

【×】最初は切れ味がイマイチ

ハスクバーナ手斧は、正直切れ味がいまいちだなと思います。

薪を割るという用途であれば十分ですが、木を削ったりする用途としては物足りない感じです。

切れ味が悪い場合は砥げばよいだけなんですが、木を削る用途でも使いたい方は注意が必要です。

【×】刃カバーがゆるい

ハスクバーナ手斧に付属している刃カバーなんですが、若干ゆるいなと思います。

外れることはないので大丈夫なんですが、グラグラするので気になる人はいるかと。

ハスクバーナ手斧のメンテナンス

ハスクバーナ手斧を長く使うにはメンテナンスが欠かせません。

刃の手入れ

ハスクバーナ手斧を使っていくうちに、刃の切れ味は悪くなっていきます。

定期的に刃の砥ぎなおしをすることで長く使えますよ。

斧はナイフのようにシャープに砥ぐ必要はないので、気軽に砥いじゃってください。

出典:ハスクバーナ

砥石について、斧用の砥石がありますが、私はナイフと同じ砥石を使っています。

私のおすすめは「シャプトン 刃の黒幕 #1000」です。

#1000番はナイフでも十分使うことが出来るのでおススメですよ。

柄の手入れ

ハスクバーナ手斧の持ち手部分は木なので、使っていくうちに汚れが付着していきます。

エイジングと楽しむ人はそのままで良し、気になる人は水拭きや乾拭きすれば良いでしょう。

なお、木製の柄なので折れる可能性がありますが、木製の柄は交換することが出来るので安心してください。

出典:ハスクバーナ

ハスクバーナ手斧と合わせて購入したいアイテム3選

ハスクバーナ手斧と一緒に購入したいアイテムを紹介します。

手袋・グローブ

斧を使うときは手をケガしやすいので手袋・グローブが必須です。

斧を持たない方の手は必ず手袋・グローブを着用してください

手をケガしないためには、軍手ではなく革のグローブがおススメです。

キャンプで革の手袋と言えば、やはりあの黄色の手袋「グリップスワニー」ですよね。

薪割り台

斧で薪割りをする場合、土台に木を置いておかないと、刃が地面にあたって刃こぼれすることがあります。

刃こぼれを防ぐため、薪割り時には薪割り台を使うのがおススメです。

下に薪を引いて薪割りするのでも良いですが、不安定なのでケガをするリスクが高くなります。

初心者の方ほど薪割り台があった方が良いと思います。

砥石

メンテナンスのところでも書きましたが、刃を定期的に砥ぐことで斧を長く使うことが出来ます。

砥石で定期的に砥いであげましょう。

私のおすすめは「シャプトン 刃の黒幕 #1000」です。

ハスクバーナ手斧のまとめ

今回はハスクバーナ手斧を紹介しました。

ハスクバーナ手斧は絶妙なサイズ感で、使いにくいと思ったことはありません。

デザインもカッコよくエイジングも楽しめるため、今後も愛用していきたい手斧です。

この記事が参考になれば嬉しいです!

この記事で紹介したもの

↓応援のポチしていただけると嬉しいです!↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

焚き火が好きなキャンプ歴17年のソロキャンパーです。
平日は会社員の既婚キャンパー、焚き火は週末に楽しんでます。
焚き火に関する役立つ情報を発信していくのでよろしくお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次