2022年9月からYouTube始めました!詳細はここをクリック

BUNDOK ソロティピー1TC フロントウォールの収納を考える!【一緒に入れればいいんじゃね?】

こんにちはー!

最近お気に入りのテント、ソロティピー1TCの記事を続けて書いています。このテントは私にちょうど良くて、最近のベストバイなので、いっぱい書いてしまうようですね。

今回はソロティピー1TC用フロントウォールの収納について書いていきたいと思います。

「収納を制する者はキャンプを制す!」と誰かが言ったような言わなかったような。。。

それでは早速見ていきましょう!

この記事はこんな方におススメ
  • ソロティピー1TC フロントウォールを買おうか迷っている
  • ソロティピー1TC フロントウォールの収納方法を知りたい
  • ソロティピー1TC+フロントウォールをひとまとめで収納したい

今回紹介する商品はこちら

目次

ソロティピー1TCって?

ソロティピー1TCBUNDOK(バンドック)が販売しているソロ用のテントです。

ワンポールタイプのソロ用テントで設営が簡単、またTC製のため焚き火も安心して出来るのが特徴です。

あとはとにかくカッコいい!個人的には色味が最高で、私が使っているカーキはドストライクのカラーです。

ソロティピー1TCの特徴を一言で言うと、安価で設営簡単、焚き火も安心なTC製の最強ワンポールソロテントですかね。

あとはとにかくカッコいい!個人的には色味が最高で、私が使っているカーキはドストライクのカラーです。

ソロティピー1TCをもっと詳しく知りたいって方は、詳細にレビューした記事があるのでそちらを見てほしいです!

以下でソロティピー1TCについてレビューしています。見てね。

あわせて読みたい
BUNDOK ソロティピー1TCをレビュー!設営簡単、焚き火OKのTC製で完璧なテントです 皆さんテントは何を使っていますか? 実は私、BUNDOKのソロティピー1TCを購入しました。 テントを買うのは本当に久しぶりで、買う前ワクワク、買った後もワクワク、ずっ...
あわせて読みたい
BUNDOK ソロティピー1TCを二股化!これは快適すぎて元に戻れなくなっちゃうぞ! こんにちはー! 先日BUNDOKのソロティピー1TCをレビューしました。ソロティピー1TCはソロにぴったりなテントで大変気に入っています。 そんなソロティピー1TCですが、ワ...

ソロティピー1TC用のフロントウォールって何?

ソロティピー1TC用のフロントウォールを一言でいうと、ソロティピー1TCの張り出し部分につける幕のことです。

このフロントウォールを装着することで、ソロティピーの快適さが段違いで爆上がりします。まさに魔法のアイテムですね。

特に快適度がUPするのが、フルクローズにするときです。

ソロティピーはフルクローズ時、張り出し部分を折りたたんで閉める必要があり、テント内の空間が非常に狭くなってしまう問題がありました。

今回紹介するフロントウォールを装着することで、張り出し部分を閉める必要が無くなるので、広々空間を維持したまま快適に過ごせるようになりますよ!

特にフロントウォールは、雨の日に非常に重宝すると思います。

雨の日はどうしてもテントに籠りがちになるので、広々空間が確保できるのは大きなメリットです。

こんなマンタみたいな幕なんですが、これがあるだけで広々空間が手に入ります。

今回は、フロントウォールの収納方法について書いています。

ソロティピー1TC用フロントウォールについてのレビューは以下記事を見てくださいね!

あわせて読みたい
BUNDOK ソロティピー1TC用のフロントウォールレビュー!快適度爆上がりの魔法の道具だった 早速ですが、BUNDOK ソロティピー1TC用のフロントウォールが2022年2月に発売されましたね。 フロントウォールは非常に人気で、2022年06月時点でも手に入りにくい状態が...
あわせて読みたい
【快適すぎ】BUNDOK ソロティピー1TC 二股化状態でフロントウォールを装着! こんにちはー! 先日ソロティピー1TC用のフロントウォールをレビューしました。 その記事ではフラップ部分は付属のポールで設営しましたが、今回はソロティピー1TCを二...

ソロティピー フロントウォールの収納について

さてここからが本題です。

ソロティピー1TC用フロントウォールには専用の収納袋が用意されており、フロントウォール以外に、説明書とペグが入っています。

フロントウォールの上に説明書、ペグ、収納袋を置いてます。
収納袋はフロントウォールと同じ色、素材で、フロントウォール+ペグ、説明書が入っています。

この収納袋にフロントウォール一式がすっぽり入るのですが、フロントウォールだけでは使い物になりません。

ソロティピー1TC+フロントウォールの2つを持ち運ぶ必要があるんですね。

これ正直めんどくさくないですか?どうせ一緒に使うならひとまとめにしたいですよね?

ソロティピー1TCの収納袋にまとめてみる

というわけで、ソロティピー1TCの収納袋にフロントウォールを入れていきます。

結論、ソロティピー1TCの収納袋にフロントウォールをまとめて入れることが出来ます!

ただしインナーテントを抜いた場合のお話なのでご注意ください。(私はインナーテントを使っておらず、収納袋から抜いているんです)

ソロティピー1TCの収納袋です。ここにフロントウォールを一緒に入れていきます。
ソロティピー1TCの収納袋には、テント本体とポール、ペグ、ハンマーなどを入れてます。

それでは早速入れていきましょう。

STEP
テントを折りたたむ

まずはテントを畳んでいきます。収納袋に入るサイズまで折りたたんでいきます。

テントのポールを抜いた状態。ここから畳んでいきます。
まずは半分に折っていきます。
その後何回か折りたたんでいき・・・
収納袋に収まる幅にします。
STEP
フロントウォールを折りたたむ

次にフロントウォールも同じように折りたたんでいきます。折りたたんだらテントに重ねる形にし、ポールを置きます。

右側はフロントウォール。同じ高さに折りたたんでいきます。
フロントウォールを折りたたんで、テントに重ねた状態です。
STEP
テント+フロントウォールを丸めていく

テント+フロントウォールをポール毎丸めていきます。足で体重をかけながら丸めていくと、コンパクトに丸められますよ。

足で力を入れながら丸めていきます。
最後まで丸めた状態です。押しながら丸めたので結構コンパクトになります。
STEP
収納袋に入れる

最後、丸めたテント+フロントウォールをソロティピー1TCの収納袋に入れていきます。

こんな感じですっぽり入りますよ。
こんなにもゆとりがあります。インナーテントも入るかもしれないぐらいのゆとりですね。
ハンマーやペグなども問題なく入りますよ
STEP
収納完了

こんな感じであっさり収納完了です。あっさりフロントウォールをひとまとめに出来ました。

ややゆとりがある状態で収納できています。

ソロティピー用の二股化のポールもひとまとめにする

ここまでソロティピー1TCとフロントウォールをひとまとめに収納できるのかを見てきました。

ここまでやると、二股化用のポールもひとまとめにしたくなってきますよね。

というわけで、二股化用のポールをひとまとめにしていきます。

ソロティピー1TCの二股化については、以下記事を見てくださいね。

あわせて読みたい
BUNDOK ソロティピー1TCを二股化!これは快適すぎて元に戻れなくなっちゃうぞ! こんにちはー! 先日BUNDOKのソロティピー1TCをレビューしました。ソロティピー1TCはソロにぴったりなテントで大変気に入っています。 そんなソロティピー1TCですが、ワ...

ソロティピー1TC二股化用のポールは、メイン用、フラップ用合わせて4本あります。

メイン用に使っているポール2本です。ピルツ19に付いていた、張り出し用ポールです。
フラップ用のポール2本です。NEMOのアジャスタブルポールLを2本使ってます。

計4本のポールがばらばらにならないよう、収納袋に入れておきます。

これをポール収納袋に入れていきます。私はヘキサライト6pのポール収納袋を使っています。

ポールを収納袋に入れれば後は簡単で、ソロティピー1TCの収納袋についているコンプレッションベルト部分に通すだけです。これだけでひとまとめになって片手で持ち運び出来ますよ!

ソロティピー1TC収納袋のコンプレッションベルト部分にポール収納袋を取り付けます。これでひとまとめで持ち運べます。

ポールケースですが、asobitoのポールケースが雰囲気もばっちりで最高にカッコイイですね。

ソロティピー フロントウォールの収納袋はインナーテントに使う

ソロティピー1TCとフロントウォールをまとめて収納することで余った、フロントウォール用の収納袋ですが、私はソロティピー1TCのインナーテント入れに使っています。

インナーテントをむき出しで保存していたので、この収納袋が余って良かったなと思ってます(笑)。

インナーテントにちょうどいい大きさの収納袋です。
もちろんぴったり入りますよ!

ソロティピー フロントウォール収納方法まとめ

今回はソロティピー1TC用フロントウォールの収納について紹介しました。

ソロティピー1TCとフロントウォールを一緒に収納出来たことで、持ち運びしやすくなったと思います。またコンプレッションベルトのおかげで二股化用のポールもひとまとめに出来るので、完璧ですね。

ごんちゃ

重いですが、片手で持ち運び出来るようになったののは嬉しいです。

参考になれば嬉しいです!

それでは!

この記事で紹介したもの
BUNDOK(バンドック) ソロティピー1TC サンドベージュ BDK-75TCSB

↓応援のポチしていただけると嬉しいです!↓

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

焚き火が好きなキャンプ歴17年のソロキャンパーです。
平日は会社員の既婚キャンパー、焚き火は週末に楽しんでます。
焚き火に関する役立つ情報を発信していくのでよろしくお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次